お問い合せ サイトマップ
RSS

会社印・角印


角印とは四角い正方形の印鑑のことをいい、会社印として請求書や見積書、領収書など、会社が取引上に使用する書類に押印することが多い印鑑です。


法人の印鑑には丸印と角印がありますが、丸印は会社の代表印=実印で使用され、角印は、会社の認印として使用されます。
四角の中に株式会社○○などの社名を入れ、その社名の後に「之印」という文字を入れることが一般的です。


個人の認印に印鑑登録が必要ないように、法人の角印にも印鑑登録は必要なく、ルールはありません。ただ、実印が丸い印鑑ですから、会社の認印が同じように丸いと間違えてしまうことがあります。認印だと思って捺印したらそれが代表印だった、というようなことが起こってはいけません。
そのため、角印と丸印と区別をすることで、間違いが起こらないようにしているのです。


代表印・角印・銀行印は、起業したらすぐに必要になるので、3点セットで同時に作成しておくと便利です。


代表印


代表印は、会社や団体などの法人の実印のことで、会社や団体等の法人を設立する際に、法務局に登録します。


大きさは、1辺が1儖幣3儖米發寮喫形に収まるもので、形は丸でも四角でもいいのですが、一般的には丸印で作ります。

代表印の印面は外枠と内枠に分かれていて、外枠に社名を彫刻し、内枠は株式会社や有限会社であれば「代表取締役印」、合資会社や個人商店の場合は「代表者印」という刻印が入ります。


代表印は会社の実印ですから、個人の実印と同じように重要な契約にかかわることに押印します。
個人以上に社会的責任を負うものですから、その印影はできるだけ複雑で偽造されにくいものでなくてはなりません。
また代表印はほとんどが起業の際に作成するもの。印材、書体、大きさなどじっくりと考えて、安全性が高く、納得できる1本を作ることが重要です。


社判


社判は、「会社の印鑑」のことを言います。
社判には明確な規定がなく、会社によってその定めている内容が異なっていますが、大きく分けると次の3つを指します。


1) 印鑑登録している実印(代表印)
2) 会社の名前や住所を記載しているゴム印
3) 角印(社印)


多くは(2)を指すことが多いのですが、必ずしもゴム印のことを指しているとは限りません。もし会社の上司に「社判を押しておいて!」と頼まれたら、「社判とは、なにを指すのか」を明確にする必要があります。ゴム印だと思い込んでいたら本当は実印を押さなくてはいけない書類だったというようなことがあるかもしれません。


会社では、契約や重要にかかわる公的書類に押印することが多くあります。簡単に誰もが押印できるようなものではないので、「社判」を依頼された場合には、責任者・管理者にきちんと確認し、トラブルを未然に回避しましょう。


実印


実印は、お住まいの市区町村の自治体に登録した、個人の印鑑をいい、住宅ローンの契約や起業、車の売買など、比較的高額な契約に用いることが多いものです。
印鑑登録をすると、その印鑑を持っているのは自分であると証明することができるようになります。


一般的には、契約書に実印を押印するのと同時に印鑑登録証明書を提出して、その印鑑が自分と等しい印鑑であると証明します。
印鑑登録証明書は、印鑑登録後に発行される印鑑登録カードを役所の窓口に提出すると、登録したはんこの印影が表示された書類が発行されます。


実印は重要なあるいは高額な契約に用いるものですから、その印影が偽造されたり、簡単に手に入るようなものであってはなりません。三文判で印鑑登録することは避け、自分だけの実印を作成してください。


銀行印


銀行印は、銀行口座を作るときに必要となるはんこのことです。


昨今はATMがありますから、日常的に銀行印を使うことはなくなりましたが、例えば住宅ローンの契約、大金を引き出すなど、窓口の手続きが必要な際には必ず登録した銀行印が必要になります。


銀行印は自分のお金を守るものでもあります。三文判で登録することは避け、自分だけのはんこを作成する必要があります。
書体はできるだけ複雑なもので、印材や大きさもじっくりと検討してください。彫刻する名前は名字だけでも名前だけでも構いませんが、縁起を考えるなら横書きをお勧めします。縦書きだと「お金が流れる」という意味があり、印相学では銀行印としては適していないといわれています。


認印


認印は、日常的に使う印鑑です。
印鑑登録をしていないはんこのことで、意思確認や承認する時に「認めました」という意味で使用します。例えば、宅配便の荷物の受け取りや会社の事務的な書類への押印に使用します。 大きさは実印よりも小さく、男性であれば12个泙燭13.5mm、女性であれば10.5mmか12mmが多いです。


三文判を認印として使用する人が多く、認印を作成する人はそう多くはないようです。
しかし三文判は、大量生産されたはんこですから、同じ印影が世の中にたくさん出回っています。
たとえ認印であっても、契約書や覚書などに押印した段階でその契約は成立してしまいます。そのため、できる限りオリジナリティの高い認印を持っていることが安全性につながります。


また、受領印として使われることが多い印鑑ですから、誰が受け取ったかが明確になるように、書体もはっきりとわかりやすいものであることが望ましいです。


ページトップへ