お問い合せ サイトマップ
RSS

手彫仕上げ印鑑

1.面擦り
新品の印材の印面にあたる部分をヤスリで念入りに平らにならしていきます。

  

2.印影作成
彫刻内容(文字数、画数等)を考慮しながら彫刻文字の配置、配分を決め書体に応じた字体を選別し彫刻印影を作成します。

 

3.粗彫り
作成した印影の文字以外の部分を彫刻用の設備にて彫り上げていきます。

  

4.面擦り
粗彫り後の荒れた印面を再度ヤスリを用いて平らにならしていきます。

 

5.仕上げ彫り
彫刻文字の角の部分を印刀で削り文字を調整しながら印面を仕上げていきます。同時に彫り残した部分等を調整していきます。

 

6.印影−確認
印影の文字に不具合や間違いがないか確認します。問題がない場合は印鑑に傷等がないか確認し、商品として出荷できるか確認します。

 

特徴
■ 専用の設備で彫刻するので短時間でキレイに彫刻、
出荷できます。 

ページトップへ