お問い合せ サイトマップ
RSS

会社設立に必要な印鑑とその役割について


会社を設立しようと思ったとき、必ず必要となる印鑑は会社設立登記に必要な代表印です。
代表印1本あれば会社設立は可能ですが、会社に関わる印鑑は、代表印以外にも、銀行印、角印があります。
ほとんどの会社はこれら3本とあると便利なゴム印を作成し持っています。
それぞれの印鑑の簡単な説明とどんな場面でよく使用されるかをご説明します。


・代表印

 代表印は、個人でいう実印と同じです。会社の実印のことを代表印と呼びます。
 印鑑登録をして、会社の印鑑であることを証明することによって、法的効力が強力なものになります。
 契約書や公正文書の作成などの重要な取引に押印・使用します。
 この代表印は、会社を設立する際に届け出る必要があるため必ず必要となる印鑑です。


・銀行印

 会社・法人の銀行口座のための印鑑で、個人の銀行印と同じ意味を持つ印鑑です。
 安全のため、代表印とは別に作ります。
 サイズの規定はないのですが、使用頻度が高いため、代表印よりひと周り小さめの大きさで作られます。

 銀行印は必ず作る必要はなく、この印鑑を持つのは会社の自由です。


・角印

 会社で発行する請求書や見積書、領収書等の書類に使用する印鑑で、個人でいう認印のことです。
 代表印よりも法的効力が強くないため、代表印を押すほど重要ではない書類に押印します。
 角印という名の通り、正方形のカタチをしています。サイズの規定はありません。
 角印も銀行印同様必ず作る必要はありませんが、持っている会社がほとんどです。


・あったほうが便利”ゴム印”

 会社の住所印や社名の印、社員名の印など、幅広く使えるのがゴム印です。
 日常的に頻繁に使う伝票や書類等に便利にお使いいただけます。
 種類は豊富で、業務の内容によって自由に作成することができます。
 煩雑になりがちな業務の軽減につながり、大変に便利に活用できます。
 様々な場面で使用可能なので、ゴム印を作るならセパレートタイプのものが良いでしょう。


ページトップへ