お問い合せ サイトマップ
RSS

実印


実印は、お住まいの市区町村の自治体に登録した、個人の印鑑をいい、住宅ローンの契約や起業、車の売買など、比較的高額な契約に用いることが多いものです。
印鑑登録をすると、その印鑑を持っているのは自分であると証明することができるようになります。


一般的には、契約書に実印を押印するのと同時に印鑑登録証明書を提出して、その印鑑が自分と等しい印鑑であると証明します。
印鑑登録証明書は、印鑑登録後に発行される印鑑登録カードを役所の窓口に提出すると、登録したはんこの印影が表示された書類が発行されます。


実印は重要なあるいは高額な契約に用いるものですから、その印影が偽造されたり、簡単に手に入るようなものであってはなりません。三文判で印鑑登録することは避け、自分だけの実印を作成してください。


ページトップへ