お問い合せ サイトマップ
RSS

代表印


代表印は、会社や団体などの法人の実印のことで、会社や団体等の法人を設立する際に、法務局に登録します。


大きさは、1辺が1儖幣3儖米發寮喫形に収まるもので、形は丸でも四角でもいいのですが、一般的には丸印で作ります。

代表印の印面は外枠と内枠に分かれていて、外枠に社名を彫刻し、内枠は株式会社や有限会社であれば「代表取締役印」、合資会社や個人商店の場合は「代表者印」という刻印が入ります。


代表印は会社の実印ですから、個人の実印と同じように重要な契約にかかわることに押印します。
個人以上に社会的責任を負うものですから、その印影はできるだけ複雑で偽造されにくいものでなくてはなりません。
また代表印はほとんどが起業の際に作成するもの。印材、書体、大きさなどじっくりと考えて、安全性が高く、納得できる1本を作ることが重要です。


ページトップへ