お問い合せ サイトマップ
RSS

会社印・角印


角印とは四角い正方形の印鑑のことをいい、会社印として請求書や見積書、領収書など、会社が取引上に使用する書類に押印することが多い印鑑です。


法人の印鑑には丸印と角印がありますが、丸印は会社の代表印=実印で使用され、角印は、会社の認印として使用されます。
四角の中に株式会社○○などの社名を入れ、その社名の後に「之印」という文字を入れることが一般的です。


個人の認印に印鑑登録が必要ないように、法人の角印にも印鑑登録は必要なく、ルールはありません。ただ、実印が丸い印鑑ですから、会社の認印が同じように丸いと間違えてしまうことがあります。認印だと思って捺印したらそれが代表印だった、というようなことが起こってはいけません。
そのため、角印と丸印と区別をすることで、間違いが起こらないようにしているのです。


代表印・角印・銀行印は、起業したらすぐに必要になるので、3点セットで同時に作成しておくと便利です。


ページトップへ