お問い合せ サイトマップ
RSS

柘(アカネ)

・柘(アカネ)とは

柘(アカネ)は、柘に近い性質を持っている樹木です。柘は成長が遅く、環境保全のために生産量が減っているのが現状です。そのため柘の代用品として、柘(アカネ)を使用することが増えているのです。柘(アカネ)は、「シャム柘」という別名があり、主な産地は東南アジアやタイです。

・特徴

木の繊維が細かく、硬さもあります。象牙や黒水牛に比べると耐久性は劣りますが、リーズナブルに購入できる印材として、古くから人気があります。コストパフォーマンスと特徴、使いやすさのバランスがいい印材です。

・使い心地

捺印後の印影も美しく、また全体的な雰囲気が自然で女性に非常に人気です。お手入れや保管の仕方によって、より長く愛用できます。

ページトップへ